雑文屋 環

散らします。日常に浮かぶ言の葉。

台湾の旅 3/15

f:id:bunya-tamaki:20200319234207j:plain

さて、ファミマでツナ巻きと焼肉ビビンパ巻きを朝食に買って、台中へ旅立ちます。

f:id:bunya-tamaki:20200319234216j:plain

普通のドリンクの3倍くらいする謎の飲料。

ちょっと謎過ぎて手が出せなかったけど、買っておけばよかった。

f:id:bunya-tamaki:20200319234226j:plain

台鐵台中に着きました。

台鐵と高鐵の仲が悪いのか、日本のように直結していたりしません。

高雄からは高鐵台中で降りて、新烏日から台鐵台中に行かないとならないので、不便で仕方ない。横浜駅と新横浜駅くらいの微妙な仲。

f:id:bunya-tamaki:20200319234244j:plain

バスで埔里へ。埔里は風光明媚で寺院の多い場所。あと美人が多いという噂。

f:id:bunya-tamaki:20200319234315j:plain

宿でチャリが借りられるというのでお願いしたら、タダだけどボロボロのチャリが出てきて、油さしてないから軋むわチェーン外れるわで最悪。これなら有料でもっと快適なのに乗りたかった…。

f:id:bunya-tamaki:20200319234341j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234412j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234454j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234526j:plain

琉球王朝みたいな立派なお寺。礼拝所的なところがいっぱいあったけど、あまりウキウキ楽しむ所じゃなかった。

f:id:bunya-tamaki:20200319234602j:plain

宿にぼろチャリを返して昼飯を食うよ!

これはおなじみ肉羹麺。食う物に困ったら、とりあえず肉羹いっとけ的な安心感ある。

f:id:bunya-tamaki:20200319234617j:plain

これは肉圓。千尋のお父さんが食ってたやつ。

油で揚げたモチモチの餅の中に肉あんがたっぷり。ハサミで切れ目をいれてくれる。

f:id:bunya-tamaki:20200319234658j:plain

美味しゅうございました。

f:id:bunya-tamaki:20200319234712j:plain

有名な紹興酒醸造所を見学。醸造コーナーはコロナの影響で休館していた。

f:id:bunya-tamaki:20200319234723j:plain

すっかりお土産屋と化していた。なにげにすごい高い酒ばっかり。

f:id:bunya-tamaki:20200319234733j:plain

たまき、ついに気が触れて植木の草を食う。

嘘です。フレーク状にしたアイスにミントの葉っぱが乗っています。インスタ映え

(インスタやってないけど。)

f:id:bunya-tamaki:20200319234816j:plain

高級竜眼蜂蜜。高級といってもそれほどではないな。

f:id:bunya-tamaki:20200319234825j:plain

台湾の観光地ではおなじみ。腸詰め。コーリャン酒で味付けされていて大人の味。

f:id:bunya-tamaki:20200319234845j:plain

これは珍しい、台湾啤酒製造のアッサムティービール。

台湾人どんだけ紅茶好きなの?

f:id:bunya-tamaki:20200319234854j:plain

帰り道で菱角を見つけて即購入。

茹でたピーナッツと栗の中間のような、ほくほくの味。これ秋から冬の時期の台中でしか買えないらしく、だいぶ貴重らしい。貴重だけど高価ではない。

f:id:bunya-tamaki:20200319234935j:plain

これまた台湾ではおなじみのサバヒーという魚のお粥。あっさりな白身の魚。

f:id:bunya-tamaki:20200319234950j:plain

そして鶏肉飯弁当。台湾と言えば魯肉飯だけど、自分はこっちの方が好きかな。

塩ゆでして細かく裂いた鶏肉がいっぱい。

f:id:bunya-tamaki:20200319235014j:plain

宿に戻って蜂蜜ビールとタラで乾杯。

ここで同宿したスイス人の旅人は、ヒッチハイクで台湾を横断したいそうな。

 

色んな人がいるねぇ。ということで3/16の記事へと続きます。

台湾の旅 3/14

記事がなぜか消えていたのでリライト。

f:id:bunya-tamaki:20200319234102j:plain

花蓮から高雄まで、台湾の南側をぐるっと半周します。

5時間44分列車に揺られるという相当な長旅。

f:id:bunya-tamaki:20200319234128j:plain

予め買っておいた台鉄弁当をいただく。

肉がたっぷりで美味しそうだねぇ。

f:id:bunya-tamaki:20200319234120j:plain

昨日買ったカツオのパリパリジャーキー。

ツナピコを薄く延ばしたような。美味いけど水分がだいぶもっていかれる。

f:id:bunya-tamaki:20200319234148j:plain

東側は海風が心地よいはずなんだけど、この日はどんより雨模様でションボリ。

f:id:bunya-tamaki:20200319234221j:plain

高雄に着いたら、近くの湖を散策します。

f:id:bunya-tamaki:20200319234211j:plain

なんていうスポーツだろう。ロープが自動で動いていて、湖面を引っ張られる感じ。

時々ジャンプ台でアクションなんかして楽しそう。

f:id:bunya-tamaki:20200319234257j:plain

竜虎塔が見えてきました。

f:id:bunya-tamaki:20200319234322j:plain

悪魔が入ってこないように、入口をクネクネにしてあるんだとか。

f:id:bunya-tamaki:20200319234421j:plain

高雄から西に少し移動し、フェリーに乗ります。
片道15分の船旅。

f:id:bunya-tamaki:20200319234431j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234439j:plain

ダンダンバーガーという頑なに台北進出を拒否しているバーガーチェーンで、何故かお粥をいただく。客のニーズに合わせた結果、バーガー店なのにお粥。

f:id:bunya-tamaki:20200319234509j:plain

治安が悪いという印象はないものの、明かりが少なく薄暗い灯台の下。

灯台下暗しってことか。

f:id:bunya-tamaki:20200319234552j:plain

台湾DQNがたまっている横をガシガシ通り抜けます。

f:id:bunya-tamaki:20200319234623j:plain

帰りのフェリー。夜景がとてもきれい。

f:id:bunya-tamaki:20200319234639j:plain

ジャスミンティーに蜂蜜を合わせちゃう台湾人の感覚、嫌いじゃない。

実際上品な甘さですごく美味しかった。

f:id:bunya-tamaki:20200319234650j:plain

美麗島という駅の構内。

名前に恥じない美麗な景観。

f:id:bunya-tamaki:20200319234705j:plain

夜市に出かけるよ!

f:id:bunya-tamaki:20200319234715j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234731j:plain

これは湯圓。もちもちの皮に包まれた肉団子をスープの中で崩していくと、そのつゆが合わさってスープが完成するという、よく考えられた料理。あっさり塩スープで、今回の旅で一番美味かったんじゃなかろうか。

f:id:bunya-tamaki:20200319234740j:plain

鉄板で手際よく炒められる炒飯。なんと商品は炒飯のみ。どちらかというと醤油焼きめしに近いが、できたてのパラッパラで美味。

f:id:bunya-tamaki:20200319234751j:plain

レンジでチンしてできる火鍋!

コンビニにも面白い商品が盛りだくさん。

f:id:bunya-tamaki:20200319234800j:plain

宿に戻って水餃子で乾杯。

f:id:bunya-tamaki:20200319234809j:plain

具たっぷりのちまきも美味しい。

f:id:bunya-tamaki:20200319234824j:plain

このR3ミックスというマルボロが、プチっと玉を潰すと3種のベリーの味がしてすごく美味かった。日本でも買えないかしら。

f:id:bunya-tamaki:20200319234843j:plain

そんなこんなで、やや駆け足で巡った高雄。

明日は台中に向かいます。

台湾の旅 3/16

テザリングが不調で随分間が空いてしまいました。

埔里バス停付近で朝飯を食うたまき。

f:id:bunya-tamaki:20200319234224j:plain

培根(ベーコン)ハンバーガー。ベーコンがカリカリクポ。

f:id:bunya-tamaki:20200319234235j:plain

台湾ピープルの朝飯でおなじみの蛋餅。

 

埔里から台北に戻り、市府轉運站というバスターミナルから九份に向かいます。

f:id:bunya-tamaki:20200319234328j:plain

バスが来るまで時間がかかりそうなので、鶏唐揚げを小腹に…。

f:id:bunya-tamaki:20200319234339j:plain

ハイビスカスの花ジュース。

ハイビスカスは台湾では塩漬けにして食う一般的なおやつ。

f:id:bunya-tamaki:20200319234351j:plain

九份と言えば夕暮れの景色が有名だけど、こんな晴れた日もいいよね。

ていうか山岳地帯なので、こんなに晴れるのは珍しい。

f:id:bunya-tamaki:20200319234438j:plain

いつもは人でぎっしりなんだけど、今回は人がまばら。

f:id:bunya-tamaki:20200319234450j:plain

このクラゲのようなものは一体…?

f:id:bunya-tamaki:20200319234504j:plain

ハサミで十字にチョキチョキ切れ目を入れてくれます。

パクチーを散らして出来上がり。揚げた餅?のような饅頭のような不思議な食感。

f:id:bunya-tamaki:20200319234550j:plain

猫もまどろむ昼下がり。

f:id:bunya-tamaki:20200319234609j:plain

薬膳っぽいスープをいただく。

一緒に刺身もどうか?と聞かれたが、海鮮はちょっと高いのでお断り。

f:id:bunya-tamaki:20200319234657j:plain

阿妹茶楼という今更説明するまでもない有名な店でお茶を頂く。

f:id:bunya-tamaki:20200319234719j:plain

隣の中華娘がまぁ電話かわるがわるかかってきて喋る喋る。

落ち着いて飲めっつーの。

f:id:bunya-tamaki:20200319234708j:plain

1200円かかるものの、茶葉をふんだんに使っても急須に5回分×4杯分=20杯くらい飲める。景色を愛でながらこれだけ飲めるなら安いもの。隣の中華娘がもう少しもう少し静かならな。

f:id:bunya-tamaki:20200319234748j:plain

ファミマに例の高級ビールたくさんある。

1本480円くらい。まぁ高級よね。旨いけど。

f:id:bunya-tamaki:20200319234801j:plain

バスで最寄りの瑞芳…はあえてスルーして、終点1個前のバス停まで。

基隆廟口観光夜市に行きました。

f:id:bunya-tamaki:20200319234810j:plain

油飯(鶏のおこわ)と蟹肉スープをいただく。

運悪く陣取ったイスの真下が下水道のアミアミで、味がいまいちわからんw

f:id:bunya-tamaki:20200319234836j:plain

ウナギのぶつ切りスープ。小骨がすごい。食べ終わったら骨はテーブルに置くのが台湾流らしいので、それに従う。てことはあんまりテーブル触らない方がいいね。

f:id:bunya-tamaki:20200319234904j:plain

観光夜市というだけあって、お店の看板に日本語で説明があります。

直訳的というか残念な訳だけど、まぁなんとなく…わかりますよ。

f:id:bunya-tamaki:20200319234915j:plain

漢字が読めない謎の麺類。

米をすり潰してペースト状にして、釜の内側にぺたーっと貼って熱するちょっと変わった麺。米版桐生ひもかわみたいな。

f:id:bunya-tamaki:20200319234948j:plain

ハイ骨飯。なんとなく言いたい事はわかるぞ。

英語ってやっぱ便利だなーと思う瞬間。

f:id:bunya-tamaki:20200319234959j:plain

まぁ食うよね魯肉飯。基隆の夜市は魯肉飯が20元(80円)で安い。

f:id:bunya-tamaki:20200319235020j:plain

基隆は港町なので、船がいっぱい泊まっています。

潮風香る、なんだか少し懐かしい感じ。

f:id:bunya-tamaki:20200319235029j:plain

ファミマで買ったハッカ蜂蜜水。ストレートな名前だな。

f:id:bunya-tamaki:20200319235039j:plain

「ご覧、ここが西門だよ」「まぁ素敵ね!」

なんて会話をしているかはわからんけど、西門に帰ってきました。

f:id:bunya-tamaki:20200319235057j:plain

道中で肉羹飯を買うのも忘れない。

f:id:bunya-tamaki:20200319235106j:plain

泊まるはずだったホステルがコロナの影響で営業できなくて、近くの姉妹店に。

グレードアップされて個室になって快適だけど、宿泊者どうしの交流がなくて少し寂しい。

 

明日は故宮博物院に行くよ!

台湾の旅 3/13

花蓮でホテルをドタキャンされるもなんとか部屋を確保し、太魯閣を訪れるたまき。

f:id:bunya-tamaki:20200319233831j:plain

えらい長距離なのにこんな小さいマイクロバス。

最終地の梨山付近は標高3000メートル近くあって、今でも雪が積もってるとかなんとか。

f:id:bunya-tamaki:20200319233850j:plain

何やら崩落で工事中。日本と違うのは片方通したりせず、まるっと両側とも停止。

30分くらい待たされました。

f:id:bunya-tamaki:20200319233858j:plain

太魯閣の最終地点、天祥に着きました。

ここから少し徒歩で登り、遊歩道を歩きます。

f:id:bunya-tamaki:20200319233927j:plain

暗いトンネル…。

f:id:bunya-tamaki:20200319234009j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234121j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234155j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234205j:plain

天気が良くて少し暑いくらい。

エメラルドブルーの水が気持ちよさそう。

f:id:bunya-tamaki:20200319234215j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234227j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234247j:plain

天祥に戻って昼食にします。

メインはカレー炒飯、スープは金針菜、それに肉団子。

汁物は期待を裏切らず薄味w

f:id:bunya-tamaki:20200319234319j:plain

犬が気持ちよさそうに寝てます。

f:id:bunya-tamaki:20200319234329j:plain

台湾のドリンクはどうしてこんなにかわいいんだろう。

ちょっとお高い(それでも200円)なので、淹れたての烏龍茶の香りがする。美味。

f:id:bunya-tamaki:20200319234345j:plain

もりもり歩くつもりだったけど、ちょっと飽きちゃった。

普通に歩こうとすると6時間くらいかかる。

f:id:bunya-tamaki:20200319234436j:plain

バスでショートカットして、シャカダン歩道という渓谷沿いの道を歩く。

f:id:bunya-tamaki:20200319234458j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234534j:plain

川すごいきれい。

f:id:bunya-tamaki:20200319234553j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234627j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234636j:plain

そんなこんなで太魯閣服務中心まで来ました。

花蓮行きのバスを待ちます。

f:id:bunya-tamaki:20200319234646j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234656j:plain

花蓮はカツオの産地。

ここカツオ博物館では、鰹節の製造工程を学べます。

f:id:bunya-tamaki:20200319234813j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234823j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234909j:plain

ゲームで味噌汁の作り方を学びます。

切り身たっぷりで、仕上げに鰹節をぱらぱら。美味そう。

f:id:bunya-tamaki:20200319234917j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319234926j:plain

海水魚の展示もあります。

タクシーを捕まえて東大門夜市に行きますよ。

f:id:bunya-tamaki:20200319234956j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319235013j:plain

揚げ卵の野菜はさみ揚げ。

f:id:bunya-tamaki:20200319235022j:plain

重量級牛ステーキ。

f:id:bunya-tamaki:20200319235038j:plain

雨が降ってきたので退散します。

f:id:bunya-tamaki:20200319235047j:plain

55ドルって書いてあったから買ったのに、実は125ドルだったビール。

旨いけど。旨いけど…600円は高いぞ。

f:id:bunya-tamaki:20200319235055j:plain

鶏肉飯をいただく。

魯肉飯より鶏肉飯の方があっさり味で好み。

 

何故かテレビでは日本の番組が字幕付きで流れてた。

ここはすごく居心地よかったから、コロナが落ち着いたらまた行きたいな。

 

ということで、明日は高雄までの長旅です。

台湾の旅 3/12

台北で饒河観光夜市を楽しんだたまきは、朝食を採り宜蘭に向かいます。

f:id:bunya-tamaki:20200319232228j:plain

いつもの卵焼きとおにぎり的なやつ。

 

f:id:bunya-tamaki:20200319232237j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319232307j:plain

宜蘭にある礁溪という温泉地に着きました。


f:id:bunya-tamaki:20200319232339j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319232348j:plain

ドクターフィッシュを体験。せっせと啄みにきてかわいい。

f:id:bunya-tamaki:20200319232359j:plain

地図を頼りに日本式(裸で入れる)温泉を探します。

ほんとにこの道であっているんだろうか…。

f:id:bunya-tamaki:20200319232419j:plain

ありました。70元って書いてあったけど、どこで払うかわからないのでとりあえず入る。熱めのお湯で、常に台湾風の演歌がかかってる。おっさんたちがすごい煩く喋ってる。

f:id:bunya-tamaki:20200319232408j:plain

風呂上がりにノンアルビール的なもので乾杯。意外とうまい。

f:id:bunya-tamaki:20200319232430j:plain

鉄道で宜蘭に向かいます。3駅くらい。

f:id:bunya-tamaki:20200319232440j:plain

自販機のパッケージにむかつく顔が。

f:id:bunya-tamaki:20200319232501j:plain

宜蘭の名物、塩ニンニク肉羹麺をいただく。ニンニクパワーを補給。

f:id:bunya-tamaki:20200319232514j:plain

一緒に出てきた穂先メンマやわらぎ的なもの。うまい。

f:id:bunya-tamaki:20200319232528j:plain

いやぁ、これ好きだわ。

f:id:bunya-tamaki:20200319232535j:plain

そして清心福全だったか、有名チェーンでミルクウーロンを購入。

台湾人はミルク好き。

f:id:bunya-tamaki:20200319232547j:plain

サンドウィッチマンの富沢似のタクシーを捕まえて、KAVALANウイスキー工場へ。

このタクシー、飛ばす飛ばす。一般道を90キロくらい出す。宜蘭からここまで300元。

f:id:bunya-tamaki:20200319232556j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319232641j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319232814j:plain

いやぁ来たかったんだよね、ここ。

いつも免税店で見るんだけど、高くて手が出せなかったウイスキー

f:id:bunya-tamaki:20200319232822j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319232831j:plain

おみやげに試験管入りウイスキーを購入。この緑のやつが高くて、50ミリで1200円くらいする。

f:id:bunya-tamaki:20200319232845j:plain

待っていたはずなのにお土産選びに夢中で1回逃してしまい、次の試飲会に参加。

f:id:bunya-tamaki:20200319232856j:plain

そしてバス停に出ると…バスは3分後!オレ持ってるぅ!

f:id:bunya-tamaki:20200319232917j:plain

宜蘭から花蓮に行くぜ!

電車内でなにげなくメールを開くと、今日泊まる予定の宿から。

 

「コロナが怖いから日本人キャンセルさせてもらうわ。許してヒヤシンス(意訳)」

 

なんだと!?

f:id:bunya-tamaki:20200319233045j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319233054j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319233200j:plain

トラブルにも動じない男、たまき。急いで別の宿を探し事なきを得る。

f:id:bunya-tamaki:20200319233104j:plain

状況が刻一刻と悪化していくのを感じる。

まぁここまで来たんだ、食って飲むしかねぇ。

 

不安の中、明日は太魯閣を見にいくよ。

台湾の旅2 03/11

 性懲りもなくまた台湾を訪れるたまき。

f:id:bunya-tamaki:20200319233337j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319233347j:plain

成田上空。いやぁ天気がいいよ。

f:id:bunya-tamaki:20200319233354j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319233403j:plain

桃園上空。おやぁ?若干雲行きが怪しいね。

f:id:bunya-tamaki:20200319233413j:plain

バスの車窓から変な店を探しつつも、台北に向かいます。

前回全く温泉に入らなかったのでリベンジ。ということで、台北から淡水信義線に乗って新北投温泉を目指します。

f:id:bunya-tamaki:20200319233420j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319233434j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319233448j:plain

まずは腹ごしらえ。

とろみのついた汁にご飯が旨いよ。

f:id:bunya-tamaki:20200319233502j:plain

台湾飲料で一番のお気に入り、アップルサイダー。

f:id:bunya-tamaki:20200319233513j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200319233524j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200321135234j:plain

綺麗な景色だねぇ…って休みやないかい。

f:id:bunya-tamaki:20200321135210j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200321135158j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200321135148j:plain

大人しく地熱谷を眺めて帰るとするかねぇ。

f:id:bunya-tamaki:20200321135242j:plain

なんかかんやで饒河街観光夜市に向かいます。

f:id:bunya-tamaki:20200321135037j:plain

人気の胡椒餅

f:id:bunya-tamaki:20200321135014j:plain

前回食べられなかった揚げ臭豆腐を食らう。

サクサクの臭豆腐の中央を凹ませて、ニンニクだれをしみこませてある。

臭さはマイルドで食べやすい。

f:id:bunya-tamaki:20200321135059j:plain

揚げマッシュルームとか

f:id:bunya-tamaki:20200321135050j:plain

アスパラガス汁なんかを購入して宿へ。

今回の旅はまだ始まったばかり。なんとまだ7日もある。

という事で、明日はバスで宜蘭まで行きます。

台湾の旅 2/15

日月潭を後にするたまき。

台湾風朝飯を食べたかったものの…店がない!

f:id:bunya-tamaki:20200217201943j:plain

コンビニで牛焼肉と鶏肉おにぎりを購入。あっさり味で美味しい。

 

f:id:bunya-tamaki:20200217202020j:plain

バスで台中に向かい、彩虹眷村に到着。

89歳のおじいが一人で書き上げたっつー極彩色のペイント。

f:id:bunya-tamaki:20200217202114j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217202141j:plain

しっかり商売に繋げています。

ピンバッチとステッカーを購入。

f:id:bunya-tamaki:20200217202202j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217202211j:plain

AKEMI カラフルなアイスをいただく。控え目なフルーツミックスといった味。

f:id:bunya-tamaki:20200217202405j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217202431j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217202719j:plain

暑くなってきたのでシャツを購入。変なデザイン。

一旦新烏日という駅に戻り、台鉄(海線)で清水という駅に向かいます。

 

ノーマスクで乗っていたら、見知らぬおばちゃんが「これ使いな。」とマスクくれた。

貴重なマスクなのにやさしい…。

 

f:id:bunya-tamaki:20200217202801j:plain

清水駅から少し離れたコンビニに、やる気のない看板が。

普通に重なって見にくいよね、これ。

 

f:id:bunya-tamaki:20200217202908j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217202835j:plain

高美湿地というフォトジェニックな景勝を歩きます。

満潮になると水がさーっと張られてそれはもう綺麗なんだとか。

f:id:bunya-tamaki:20200217202947j:plain

シオマネキとムツゴロウ的な生き物がいっぱいいます。

f:id:bunya-tamaki:20200217203107j:plain

シオマネキをモチーフにしたキャラもいます。

観光拠点的なところだけど、微妙にバス停から離れていて不便。

f:id:bunya-tamaki:20200217203143j:plain

カニ爪シュークリーム、140円。

f:id:bunya-tamaki:20200217203231j:plain

ベーコンプリタツなベーグルもいただきます。

f:id:bunya-tamaki:20200217203349j:plain

バス停にもなっている18號風車のもとで一休み。

f:id:bunya-tamaki:20200217203501j:plain

台中までバスで進み、ここから高速鉄道台北を目指します。

f:id:bunya-tamaki:20200217203512j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217203530j:plain

約1時間の旅で2800円。

f:id:bunya-tamaki:20200217203616j:plain

謎のカナヘイ推し。革のカバンたけぇ!

f:id:bunya-tamaki:20200217203646j:plain

饒河街観光夜市に向かいます。

ここは臭豆腐が名物で、だいぶハードに香る物からマイルドな物まで取り揃えています。

f:id:bunya-tamaki:20200217203714j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217203655j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217203728j:plain

これが臭豆腐だ!

ここはマイルドな店なので「若干漢方香ってるかなー」程度の臭い。

不味くはないが、美味しくもない。

f:id:bunya-tamaki:20200217203751j:plain

屋台でミルクティーを購入。ビニール袋に飲料っていうこの雑な加減が好き。

何気に有名な店らしく、あちこちに支店がある。

f:id:bunya-tamaki:20200217203847j:plain

サンチンポのお店。

生煎包(ションシェンパオ)を無理くりカタカナにしようと試みた結果の大爆死。

f:id:bunya-tamaki:20200217203924j:plain

f:id:bunya-tamaki:20200217203911j:plain

炒飯と海鮮とろみ汁を持ち帰り、宿でいただく。

炒飯の店っていうのが実はあまりない。炒めるのに時間かかって効率悪いからかな。

とろみ汁はパクチー多め。

 

と、モリモリ食ってばかりの夜は更け、いよいよ明日は帰国です。